プロフィール

筋引き屋・臣ちゃん

Author:筋引き屋・臣ちゃん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バナー 1・1
 click!

営業・受付時間(予約制)
(平日)
  11:00~23:00
(土・日・祝日)
   7:00~23:00

休院日・不定休

お問い合わせ(Cメール可)
 090-9330-6556

最寄駅
 東京メトロ丸ノ内線「新中野」「中野新橋」「中野富士見町」
 各駅より徒歩8分程

カテゴリ
検索フォーム
「老犬介護」他ワンちゃん関連のリンク
レトリーバー専門生活雑貨SHOP  「アイアンバロン」

JPMA (社)「日本ペットマッサージ協会」

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村

氏名又は名称:
  姫野 臣太郎
事業所の名称:
  本町筋引き整体院   
事業所の所在地:
 東京都中野区本町5-33-34
動物取扱業の種別:
 保管・訓練
登録番号:
  12東京都保第003632号
  12東京都訓第003632号
登録年月日:
  平成24年7月4日
有効期限の末日:
  平成29年7月3日
動物取扱責任者:
  姫野 臣太郎

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中野区情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供が生まれたら犬を飼いなさい。


 中野の筋引き整体師・臣ちゃんです



 今回はいぬ”にまつわるイギリスの諺(とされている)を紹介したいと思います!


 
 子供が生まれたら犬を飼いなさい。

 子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。

 子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。

 子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。

 そして子供が青年になった時、

 自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。




 この諺は以前から知っていたのですが、小生の「 フェイスブック」のお友達がこの諺に「いいね!」と言っているのを知ったので(小生も「いいね!」させて頂きましたよ!)、せっかくだから自分のブログでも紹介してより多くの人に知って頂きたいなぁ、と思って紹介させて頂きました!



 いぬ”という存在が、人間にとって本当に”かけがいのない存在”であるという事を謳った素晴らしい詩であると思います!!



 ですな!





 「老犬介護」に興味のある方 カテゴリ・老犬介護

 「筋引き」の施術に興味のある方 カテゴリ・筋引き(腱引き)施術集



にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

犬の聖歌

 中野の筋引き整体師・臣ちゃんです!
 
 今回は、以前ネットで知った「詩」を紹介したいと思います

 これから紹介する詩「犬の聖歌」は19世紀のアメリカ・ミズーリ州で起きた犬の射殺事件の裁判において、ジョージ・グラハム・ベストという人が行った最終弁論の一部だそうです

 愛犬家の方には結構有名な詩かもしれませんが、そうでは無い人にもぜひ聞いて欲しい詩です!

 ・・・・・「犬の聖歌」・・・・・

 この世の中では親友でさえ、あなたを裏切り敵となる事がある
 愛情をかけて育てた我が子も、深い愛をすっかり忘れてしまうかもしれない
 あなたが心から信頼している最も身近な愛する人も、その忠節を翻すかもしれない

 富はいつか失われるかもしれない
 最も必要とする時にあなたの手にあるとは限らない
 名声はたった一つの思慮に欠けた行為によって瞬時に地に堕ちてしまう事もある

 成功に輝いている時はひざまずいて敬ってくれたものが
 失敗の暗雲があなたの頭上を曇らせた途端に豹変し
 悪意の石つぶてを投げつけるかもしれない

 こんな利己的な世の中で決して裏切らない、恩知らずでも不誠実でもない
 絶対不変の唯一の友はあなたの犬だ
 
 あなたの犬は、富める時も貧しき時も健やかなる時も病める時も常にあなたを助ける
 冷たい風が吹きつけ雪が激しく降る時も、主人のそばならば冷たい土の上で眠るだろう
 与えるべき食物が何一つ無くても、手を差し伸べればキスしてくれ
 世間の荒波にもまれた傷や痛手を優しく舐めてくれるだろう
 犬は貧しい民の眠りを、まるで王子の眠りの如く守ってくれる

 友が一人残らずあなたを見捨てて立ち去っても犬は見捨てはしない
 富を失い名誉が地に堕ちても、犬はあたかも日々天空を旅する太陽の如く
 変わる事無くあなたを愛する
 
 たとえ運命の力で、友も住む家も無い地の果てへ追いやられても
 忠実な犬は共にある事以外何も望まず、あなたを危険から守り敵と戦う
 すべての終わりが来て死があなたを抱き取り、骸が冷たい土の下に葬られる時
 人々が立ち去った墓の傍らには前脚の間に頭を垂れた気高い犬がいる
 その目は悲しみに曇りながらも油断無く辺りを見まわし
 死者に対してさえも忠実さと真実に満ちている

 ・・・・・・・・・・                                  
 
 愛犬家の方なら分かると思いますが、ワンちゃん達は本当に優しく、気高く、献身的であり、だからこそ美しい

 我々人間にとって、本当に素晴らしい「友」です

 この詩を読んだ人が、それが「いぬ」を好きな人も、嫌いな人も
「いぬ」が人に対してそうである様に、「いぬ」に対して優しくしてあげる事ができるように・・・
 
 小生のブログがその一助になれば幸いですな・・・



 (*)この詩の掲載が著作権等の侵害になるような事があれば、速やかに削除致しますのでご連絡頂きたいと思います。(多分、大丈夫だと思うのですが・・・) 



テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっているブログのリンク


お世話になっているブログのリンク 2


お世話になっているブログのリンク 3


最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。