プロフィール

筋引き屋・臣ちゃん

Author:筋引き屋・臣ちゃん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バナー 1・1
 click!

営業・受付時間(予約制)
(平日)
  11:00~23:00
(土・日・祝日)
   7:00~23:00

休院日・不定休

お問い合わせ(Cメール可)
 090-9330-6556

最寄駅
 東京メトロ丸ノ内線「新中野」「中野新橋」「中野富士見町」
 各駅より徒歩8分程

カテゴリ
検索フォーム
「老犬介護」他ワンちゃん関連のリンク
レトリーバー専門生活雑貨SHOP  「アイアンバロン」

JPMA (社)「日本ペットマッサージ協会」

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村

氏名又は名称:
  姫野 臣太郎
事業所の名称:
  本町筋引き整体院   
事業所の所在地:
 東京都中野区本町5-33-34
動物取扱業の種別:
 保管・訓練
登録番号:
  12東京都保第003632号
  12東京都訓第003632号
登録年月日:
  平成24年7月4日
有効期限の末日:
  平成29年7月3日
動物取扱責任者:
  姫野 臣太郎

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中野区情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老犬介護とマッサージ ーお腹をさするー

 中野の筋引き整体師・臣ちゃんです



 今回は小生が>(「JPMA(社)日本ペットマッサージ協会」さんのペットマッサージの講習で習ったマッサージの一つである「お腹をさする」を紹介したいと思います!




 ”いぬのお腹には(”いぬ”以外の動物もそうですが)腸、肝臓、心臓、胆のう、膵臓、膀胱 等大事な臓器があります!



 この「お腹をさする」マッサージは、「胃や腸に体液が正常に巡るように働きかけ、本来の健やかな状態に整える(「JPMA(社)日本ペットマッサージ協会」テキストより)」事を目的とします



 「お腹をさする」マッサージのやり方は、”お腹を時計回りにゆっくりとさする(6~10回)”です

 おなかをさする

 上の写真の赤線で描いているように、ゆっくりと優しくさすってあげて下さい



 この「お腹をさする」マッサージには、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう・消化管などの臓器の収縮運動の事)が促されて胃腸の働きを活発にさせる効果があるそうです!



 また、腸の蠕動運動は自律神経の働きによって行われていますので、「お腹をさする」マッサージによって胃腸の働きを活発にさせる事は自律神経の調整(心身の緊張状態を緩和する 等)にも役立つと思います!



 それとお腹には「胃経」「脾経」「腎経」「肝経」そして「任脈」などのツボがあるので、”経絡的”にもこれらの臓器に効果があるのだろうと思います!



 講習では、「胃腸のトラブル」の他に「快便」「おしっこのトラブル」「ダイエット」に効果のあるマッサージとして習いました



 ”いぬも歳を取れば消化器系の機能が低下してきますし、そうなれば食も細くなり必要な栄養分を摂取する事も困難になってきます・・・


 愛犬がいつまでも元気で健全な生活を維持していけるように、みなさんも是非「お腹をさする」マッサージを取り入れて愛犬の消化器系機能低下の予防・改善に努めて頂きたいと思います!!



 ですな!!





 「老犬介護」に興味のある方 カテゴリ・老犬介護

 「筋引き」の施術に興味のある方 カテゴリ・筋引き(腱引き)施術集



にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ
にほんブログ村

  

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

老犬介護とツボ -人中(じんちゅう)ー

 中野の筋引き整体師・臣ちゃんです



  今回は小生がペットマッサージの講習で習った経絡のツボ(経穴)の一つである「人中」を紹介したいと思います!



 この「人中」は救急蘇生のツボです!!

 ● 心不全やてんかんなどによる発作

 ● 熱中症や事故によるショック状態

などの状態に陥った際や病院に搬送するまでの間に使用して下さい!



 「人中」のツボ位置は、動物の鼻端の正中線上で上から1/3の所にあります

 人中

 上記の絵の赤い〇部分が「人中」です



 ワンちゃんの緊急時には、この人中を鍵やボールペンの尖端を利用するか、なければ爪で強く刺激して下さい!



 過去の臨床データでは、「心肺停止状態」の犬に対して「人中」を刺激した事結果、蘇生させる事に成功した事例もあるそうです!!



 できれば「人中」を刺激するような事態など想像したくもありませんが、老犬介護」に従事する方は”いざという時”の為に覚えておいて欲しいと思います



 ですな





 「老犬介護」に興味のある方 カテゴリ・老犬介護

 「筋引き」の施術に興味のある方 カテゴリ・筋引き(腱引き)施術集



にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ
にほんブログ村

      

続きを読む

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

老犬介護とツボ ー腎兪(じんゆ)-

 中野の筋引き整体師・臣ちゃんです



 今回は小生が「 JPMA(社)日本ペットマッサージ協会」さんのペットマッサージの講習で習ったツボ(経穴)の一つである「腎兪(じんゆ)」というツボを紹介したいと思います



 「腎兪」は後肢(「いぬ」の後ろ足)の「膀胱経」のツボの一つで、「腎経の主治穴(”腎”の機能を治療する重要な経穴)」の意だそうです



 「」は「作強の官」とよばれ、生命力(成長、発育、生殖)を司るとされています



 「腎兪」の位置は「第二腰椎の両側(左右一穴)」にあります

腎兪

 上の写真の赤いが「腎兪」です



 「いぬの腰椎は7個ありますので、骨盤から6個目の棘突起(凸部)の両側にあると考えて探すと分かりやすいと思います



 ツボの押し方は

 「指で3~5秒間、優しく押してあげる(×6~10回)」

又は

 「左右の腎兪を親指と人差し指(または中指を添えて)で軽くつまむように揉んであげる(8回)」

です



ペットマッサージ」の講習では、「老化防止/免疫力向上」「腰痛」「おしっこのトラブル」「虚弱体質」に効果があるツボとして習いました



 また、「を強化し若返りを図るという作用から老犬の認知症予防にも有効なツボだそうです



 「老犬の認知症予防」には、「神門」( 老犬介護とツボ  ー神門(しんもん)-」参照)

 「腰痛」には「委中」( 老犬介護とツボ ー委中(いちゅう)-」参照)

 「おしっこのトラブル」には「湧泉」( 老犬介護とツボ -湧泉(ゆうせん)ー」参照)

と併用すると、より効果を高める事ができるのではないかと思います



 ツボ押しやマッサージはワンちゃんとの良いコミュニケーションにもなると思います!



 日頃の老犬介護に是非、「腎兪のツボ押しを取り入れてみて下さい!!



 ですな!





 「老犬介護」に興味のある方 カテゴリ・老犬介護

 「筋引き」の施術に興味のある方 カテゴリ・筋引き(腱引き)施術集



にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ
にほんブログ村

    
    

続きを読む

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

老犬介護とツボ ー委中(いちゅう)-

 
 中野の筋引き整体師・臣ちゃんです



  今回は小生が「 JPMA(社)日本ペットマッサージ協会」さんのペットマッサージの講習で習ったツボ(経穴)の一つである「委中(いちゅう)」というツボを紹介したいと思います



 「委中」は後肢(「いぬ」の後ろ足)の「膀胱経」のツボの一つで、「曲げる所(膝窩)の中央にある経穴」の意だそうです



 「委中」のツボの位置はその名の通り「(ひざ)の後ろの中央部(左右一穴)」にあります

 委中

 上の図の赤い〇が「委中」です



 ツボの押し方は

 「指で3~5秒間、優しく押してあげる(×6~10回)」

です



 「ペットマッサージ」の講習では、「腰痛」「膝のトラブル」に効果があるツボとして習いました



 また、この位置には「膝窩リンパ節」があります。このリンパ節は「第二の心臓」と言われ、足に大きな影響を及ぼすリンパ節ですから、この部位(「委中」の指圧)のマッサージは足腰の弱ってきた老犬のコンディション調整に役に立つと思います!



 また、後肢の血流が改善されれば全身の血流も良くなり、結果的には心臓や肺の負担を減らす効果もあるのでは、と思います



 以前に紹介した「湧泉」( 老犬介護とツボ -湧泉(ゆうせん)ー」参照)と併用すると、より効果を高める事ができると思いますので是非試してみて下さい!



 ツボ押しやマッサージはワンちゃんとの良いコミュニケーションにもなると思います!



 日頃の老犬介護に是非、「委中のツボ押しを取り入れてみて下さい!!



 ですな!





 「老犬介護」に興味のある方 カテゴリ・老犬介護

 「筋引き」の施術に興味のある方 カテゴリ・筋引き(腱引き)施術集



    
    
   
  

続きを読む

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

老犬介護とツボ  ー神門(しんもん)-

 中野の筋引き整体師・臣ちゃんです



 今回は小生が「 JPMA(社)日本ペットマッサージ協会」さんのペットマッサージの講習で習ったツボ(経穴)の一つである「神門(しんもん)」を紹介したいと思います



 「神門」は前肢(「いぬ」の手の事)の「心経」のツボの一つであり、「神様が入って来る門」という意味を持つ重要なツボです



 「思考」「意識」といった精神世界との深い関わりを持つツボであり、

 イライラや不安感からくるストレスを緩和させ、精神活動を安定させる効果が期待できる

そうです



 「神門」のツボの位置は、「前肢手首下にある小さな肉球の下にある筋(すじ)の親指側の窪み(左右一穴)」です


 神門

 上の図の赤い〇が「神門」です



 「ペットマッサージ」の講習では「高齢ペットの睡眠トラブル」や「犬の認知症」「犬の分離不安症」に効果があるツボとして習いました



 ツボの押し方は

(小型犬などの場合は綿棒を使用)で3~5秒間、優しく押してあげる(×6~10回)」

です



 「老犬の睡眠トラブル」や「老犬の認知症」に対しては、「神門」のツボ押しだけではなく「頭や耳の付け根部分のマッサージで脳への血流環境を整える」などと併用してあげると効果があがるのでは、と思います



 また、「分離不安症」の子には、「しつけ」と併用する事が大事だとも思います



 ツボ押しやマッサージはワンちゃんとの良いコミュニケーションにもなると思います!

 日頃の老犬介護に是非、「神門のツボ押しを取り入れてみて下さい!!


 ですな!





 「老犬介護」に興味のある方 カテゴリ・老犬介護

 「筋引き」の施術に興味のある方 カテゴリ・筋引き(腱引き)施術集



    
    
   
 

続きを読む

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっているブログのリンク


お世話になっているブログのリンク 2


お世話になっているブログのリンク 3


最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。